AGAって病気なの?

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略であり、日本語訳をすれば「男性型脱毛症」のことをいいます。
薄毛や抜け毛に悩んでいる男性はAGAです。
もちろん、薄毛や抜け毛に悩む男性すべてがAGAではありません。
AGAは、数多くある脱毛タイプの1つであり、特に若い男性に多く見られる脱毛症状であり、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。
加齢、ストレス、食事、生活習慣なども複合的にかかわり、AGAとなります。


AGAの治療は、生活習慣の改善までを含めたケアがAGA治療になります。
生活習慣の改善も治療の一環ですが、他にも「経口薬、他内服薬、ビタミン、外用薬」による薄毛治療をおこないます。
専門医の正しい治療や診察による総合的な治療により、髪の不安を取り除き、AGAの改善に導く近道になります。


人間は1人ひとり異なっています。
薄毛になる過程も異なってきます。
そのため、AGAの治療は専門医が、個人に合わせた治療をおこなわなければいけません。
治療方法はフィナステリドを処方することにより、男性型脱毛症の進行を遅らせことがおもな治療法となります。
もちろん、フィナステリドの処方により、一時的に脱毛の進行を遅らせるだけではなく、患者にあった生活習慣等の治療を施すことにより、発毛を促します。
髪の毛を太く長く成長させることで、頭髪の密度を増やしていくのもAGAの治療には大切なのです。
AGAの治療は専門医のもとでおこなうことができます。
本サイトではAGAの治療やどうしてAGAになるのかを解説いたします。



◇外部サイト
AGA(男性型脱毛症)の正しい治療を受けられます ・・・ AGA(男性型脱毛症)